いりごま・すりごま

九鬼産業の食品ごま工場ですりごま、きりごまができるまでをご紹介します。


STEP①水洗い・脱水

砂やほこりを洗い落とし、ごまの原料をきれいに

ごまの原料を水で洗浄し、ごまについた砂やほこりを洗い落とします。水洗いを終えたごまは、遠心力を利用して適度な水分量になるまで脱水されます。


★ごまが水洗いされている様子

空白

STEP②焙煎

伝統の焙煎技術

焙煎をする日の気候や原料によって焙煎温度を微妙に調節し、ごまの香ばしい風味や
プチプチとした食感を引き出しています。


★職人が焙煎したごまの色や風味を確認している様子

空白

STEP③選別

焙煎工程でむけたごまの表皮や焦げを取り除く

焙煎後にさまざまな選別機で不良品を取り除くことで、厳選された良質ないりごまが出来上がります。


★選別している様子(色彩選別機内が良い)

空白

STEP④加工

ごまをすりつぶしたり、カットしたりして風味を引き出す

機械ですりつぶしたり、カットすることでふっくら仕上がったごまから、甘みや香ばしさを引き出します。加工する機械は複数の種類があり、それらを使い分けることでバリエーション豊かな商品を製造しています。


★すり機で加工している様子

空白

STEP⑤充填・検品

機械化によって混入リスクを低減

作られた食品ごまは自動充填機によって充填され、X線検出機などで異物が入っていないかチェックします。その後、オートパッキングプラントにて自動的に箱詰めされて出荷準備が整えられます。


★人の目で確認している様子