国産ごま普及への取り組み

日本で消費されるごまの99%以上が外国から輸入されたごまであるという現状から、私たちは国産ごまの普及活動と栽培方法の追求に取り組んでいます。


お客様に希少な国産ごまをお届けしたいという想いから始まりました。

国産ごまについて

とても希少な国産ごま

食卓に欠かせない「ごま」
実は国内で流通しているごまの約99.9%は外国から輸入されたものであり、国産のごまは0.1%未満しかありません。


なぜこんなに少ないの?

ごまは昔から手作業主体にて栽培されており、機械化がされていませんでした。
また、背丈が高く細長いため、雨や風に弱く台風が多い日本で栽培することは容易ではありません。そのため、ゴマを栽培される方々が次第に減ってしまいました。

手作業主体の栽培


手栽培


お客様に国産のごまを届けたい!


九鬼産業はごまの総合メーカーとして国産のごまをみなさまにお届けするため、2014年から地元三重県でゴマ栽培の推進活動を始めました。

空白

ゴマ栽培推進活動

『三重県ゴマ産地化プロジェクト』

三重県でのゴマ栽培の推進は簡単なことではありませんでした。
ごまはマイナーな作物であり、栽培方法についても詳しいことはわからない、そのような中でスタートしたプロジェクト。初年度は福祉事業所との農福連携で10a(シングル・テニスコート約半面)程の栽培面積でした。

栽培を進めていく中で機械化がされていないことが生産拡大の阻害要因だと考えた私たちは国、県、メーカー、生産者の方々にご協力をお願いし、研究開発チームを組織し、「ゴマ栽培の機械化」  プロジェクトを立ち上げました。
※「革新的技術開発・緊急展開事業」2017年~2019年を活用。


ゴマ栽培の機械化については既存の機械を活用することが可能ということもあり、三重県では機械を活用したゴマ栽培も拡大していきました。
また推進活動を通じてゴマ栽培の知見も深まり、栽培技術は向上し現在(2020年実績)では栽培面積は13.8ha(東京ドーム約3個分)、生産者は48件まで増えました。
今後もこの活動を通じて更なる国産ごまの生産拡大を図っていきます。


九鬼産業の国産ゴマ栽培

九鬼産業ではゴマ栽培を行っていただける方を全国で募集しています。

農業者のみなさま!
私たちはゴマの栽培方法から収穫後の調整までしっかりサポートいたします。県外の農業者のみなさまにも訪問などで栽培支援をいたします。ぜひ私たちと一緒にゴマ栽培をしませんか!

三重県でのゴマ栽培活動

私たち、九鬼産業が三重県でゴマ栽培を推進していく中で大事にしていることは「農業者のみなさまと共に成長していくこと」です。
ゴマは5月から7月の間に種まきを行うため、除草や収穫などの作業を暑い夏場に行います。
そのような大変な仕事を「お願いします」の一言では済ませられません。
日頃の定期的な巡回や栽培についてのサポートはもちろん、農業者のみなさまと一緒に収穫を行ったりと、作業の応援も行っております。



栽培研究

九鬼産業では自社で栽培方法についての実証研究を行っております。研究内容は肥料の量や病害虫の防除、有望品種の選定など多岐にわたります。農業者のみなさまには毎年の研究で更新された情報をお伝えし、より栽培しやすくなるよう取り組んでいます。また、栽培資料として「栽培暦」や「栽培の手引き」を配布しています。




県外での取り組み

三重県で主に活動をしていますが、県外でも訪問などの栽培支援を実施しております。
実際に栽培しているところに訪問し、意見交換などを行い交流を深めています。




九鬼産業のゴマ栽培への想い

国産ゴマは生産量がとても少なく、国内流通量は0.1%未満であり、多くのお客様にお届けすることが難しい状況です。そのため私たちは一人でも多くのお客様に国産ごまを届けたいという想いから活動を続けています。
ゴマは短期間(約3か月)で栽培ができ、また栽培方法も既存の機械や設備を応用することが可能なため、麦・大豆・そばに加わる新たな地域特産作物としての可能性を秘めていると感じています。ゴマを農業者のみなさまの栽培する品目の選択肢の一つに成長させていくことも、ごまメーカーのミッションだと考えています。
ゴマに少しでも興味があり、栽培してみたいと思った方はぜひ当社までご連絡ください。

お問い合わせ

~お問い合わせ先~
〒510-0059 三重県四日市市尾上町17-18 イノベーションセンター
TEL:0120-50-1158  FAX:059-350-8615
【受付時間】9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

福祉事業所との取り組み

手間がかかるからこそ

三重県でゴマ産地化プロジェクトを立ち上げた当初から福祉事業所のみなさまにご協力いただいております。
ゴマは手間をかければかけるほど収穫量が増えるため、丁寧に管理いただける福祉事業所様のゴマは収穫量も多く、品質も良いです。



手間かけ栽培

機械化を推進していますが、その一方で、丁寧に栽培していただける福祉事業所様もなくてはならない私たちの良きパートナーであると感謝しています。

国産ごま商品のご紹介

九鬼産業がお届けるする国産ごまを使った商品です。