味わい深い胡麻油

ごま油はごまを焙煎する温度や、圧搾の方法などでその香りの強さやまろやかさ、見た目の色合いが変わります。浅く煎ればやわらかい香りと淡い色合いに、深く煎れば力強い香りと濃い色合いに仕上がります。
色の淡いやわらかな香りのごま油は、天ぷらやマリネに使うことで、素材の味を活かしたさっぱりとした味わいに仕上がり、色の濃い力強い香りのごま油は、タレやスープ、炒め油として使うことで食欲をそそる料理に仕上がります。
当社は、ごま油を調味料のように使い分け、料理に合わせて選ぶことを楽しんでいただけたらと思っています。お客様の中には、「揚げ物は九鬼太白純正胡麻油、炒めものは九鬼ヤマシチ純正胡麻油、和えものには九鬼芳醇胡麻油・・と使い分けることで料理の幅が広がります。」とのお声もいただいています。

ごま油の香りの違い

低温圧搾法で搾った香りのしないごま油。

焙煎ごま油特有の香りがなく、ごまの旨みを凝縮したごま油。サラサラとしてクセがなく素材の味を活かしたい料理におすすめです。

低温焙煎圧搾法で搾ったほのかに香るごま油

低温で時間をかけてじっくりと煎ることで、味、香りともやわらかでナッツのような甘い香りをもつごま油。上品な味わいの料理に仕上がります。素材の味とごま油のやわらかな香りをお楽しみください。

香味焙煎圧搾法で搾った程よい香り。

程よく焙煎されたごま油の香りは、炒めものや和え物に使うことで料理の味を引き立てながら食欲そそるごま油の香りを楽しめます。

深く焙煎した香味焙煎圧搾法。

特に高温で焙煎をすることで、焙煎ごま油の力強い香りとコクを引き出しています。ごま油の香りを引き立てたい、中華料理や、タレ・スープなどにおすすめです。

簡単な使い分け例

  • 香りをおさえ、素材の味を活かす
  • 上品に仕上がる、ほのかな香り
  • まろやかな香りを楽しむ
  • 食欲そそる力強い香りを楽しむ

上記の用途限定ではございません。お客様の好みにあった使い方をさがしてみてください。

ごまレシピはこちら