九鬼 ごまぞうすりごま
  • 九鬼産業の歴史ミュージアム
  • 九鬼産業の取り組み

九鬼 ごまぞうすりごま

ごまぞうとは

「ごまぞう」は国産ごまの振興を願い、年月をかけて開発した高リグナンごま品種です。「ごまぞう」に含まれるリグナン含有量は、在来品種金ごま(真瀬金)に比べて、約2倍のセサミン、約1.5倍のセサモリンと高いです。
ごまでは初めての登録品種で、平成14年に農林水産省の種苗法に基づく品種登録出願を行い、平成18年には品種登録されました(登録番号13731)
1本の苗から金色や茶色などの様々な色をした小粒なごまができるのが特徴です。

独立行政法人 農業技術研究機構作物研究所より

セサミンの含有量の図

セサミンはごまに0.3~0.4%程度しか含まれていませんが、ごまぞうには約1%程度、セサミンが含まれています

国産ごまへの取り組み

日本で消費されるごまのほとんどは海外から輸入されており、国内で生産されているごまは1%にも満たないと言われております。
九鬼産業では、10数年前より自社で国産金ごまの試験栽培をおこなって、栽培した金ごまは数量限定で販売しております。

また、信頼できる生産組合や農家の方に国産ごまの栽培をお願いし、その原料を使用した国産ごまの製造・販売も始めました。(購入実績:長崎県、茨城県等)