沿革

明治19年 土地の有志相謀り、四日市工業会社創立。
英国より製油機械を購入。油の製造開始。
明治21年 八代・九鬼紋七、ほか数名にて四日市製油株式会社創立。
大正9年 九代・九鬼紋七、四日市製油場を個人経営とする。
昭和26年1月 個人経営の四日市製油場を株式会社四日市製油場とする。
資本金1000万円。
昭和39年5月 東京営業所を開設。
昭和40年12月 食品胡麻製造開始。
昭和43年6月 九鬼家経営事業の統合合理化の為、株式会社四日市製油場の社名を九鬼産業株式会社と改称。
資本金4000万円に増資する。
昭和44年5月 神戸駐在所開設。
昭和47年6月 大阪営業所開設。(神戸駐在所昇格)
昭和52年7月 上野出張所開設。
昭和52年9月 仙台・福岡出張所開設。
昭和56年4月 資本金6000万円に増資する。
昭和56年9月 東京営業所と上野出張所を統合し、東京支店を開設。
昭和59年10月 開発研究センター開設。
昭和61年12月 本社工場内より事務所部門を独立。
(市内納屋町に本社事務所を開設)
平成2年2月 竹成工場を開設。
平成3年11月 竹成工場第二期工事竣工。
平成4年11月 竹成工場開発棟竣工。
平成7年5月 竹成工場第三期工事竣工。
平成9年3月 本社工場に近代的な食品ごま充填工場を竣工。
平成10年10月 本社工場に近代的な食品ごま製造工場を竣工。
平成11年10月 ISO9001 認証取得。
平成12年5月 竹成工場 第四期工事竣工。
平成14年9月 タンク棟増築工事竣工。
平成14年10月 ISO9001(2000年版)へ更新。
平成16年9月 ごま油充填工場増改築 新ライン設置(斗缶)。
平成18年3月 新ライン設置(小瓶・ペットボトル)。
平成18年4月 農業生産法人 有限会社 九鬼ファーム設立。
平成18年9月 四日市市特定法人貸付事業により、農業外企業として三重県下初の農業参入。
平成20年2月 ISO22000 認証取得。
平成20年7月 自社原料倉庫 開設。
平成21年6月 九鬼記念館 開設。
平成21年8月 イノベーションセンター(開発部・品質保証部新研究棟) 開設。
平成21年9月 ポートサイドオフィス(本社工場新事務所) 開設。
平成23年4月 ボトリングプラント(高速充填工場) 開設。
平成23年11月 名古屋営業所 開設。
平成24年3月 FSSC22000 認証取得。
平成24年5月 ボトリングプラントに新充填ラインを設置。
平成24年9月 ボトリングプラントに太陽光発電パネルを設置。
平成25年6月 紀州林業場に水力発電機を設置。
平成25年6月 イノベーションセンターに太陽光発電パネルを設置。
平成26年5月 ISO22301認証取得。
平成28年5月 オートパッキングプラント(自動梱包工場) 開設。
平成29年1月 JFS-E-C規格 認証取得。