ごまは太陽のおくりもの ほのぼの日記

 

新入社員研修2019年 第15回

皆さまこんにちは、15回目のほのぼの日記を担当する新入社員の三浦です。
 
ごま栽培研修も残り三週間となってしまいました。研修中に同期と仕事やプライベートでたくさん思い出を作ることができましたが、研修後は配属が決まりみんなと集まれる機会が少なくなってしまうため少し寂しいです。あと少しですがこの楽しい時間を大切にし、研修に取り組んでいきたいと思います。

さて、現在の作業内容ですが、ついに自分たちが育ててきたゴマの収穫を行いました。種まきから始まり、除草、草刈り、土寄せなどを暑い日差しが降り注ぐ晴れの日や時には雨の中カッパを着てお世話をしてきました。台風が来た日はゴマの茎が折れてしまわないか心配でしたが何とかやり過ごしてくれたため今回収穫をすることができました。収穫途中はうれしい思いでしたが、収穫後何もない畑を見るとなんだか少し寂しい気持ちになってしまいました。収穫したものは乾燥小屋の中にワイヤーを通し、逆さまにして乾燥させます。今から10月頃まで乾燥させる予定ですが、その間にカビが生えることなくしっかりと乾燥することを願うばかりです。
 
次回は西村が担当します。

2019/08/16 13:00

新入社員研修2019年 第14回

 みなさんこんにちは、新入社員の龍華です。
 梅雨があけたと思ったら連日30℃超えの日々が続いており、毎日熱中症にならないように気を付けながら圃場での作業を行っております。そんな中、暑さ対策の1つとして作業時間を2時間前倒しにしたサマータイムでの勤務が始まりました。なかなか早起きには慣れませんが、夏の畑での作業は暑さとの戦いでもあるので、朝の涼しい時間に効率よく作業を行っていきたいと思います。

 気温が高くなってくるとともに雑草の伸びる速度も速くなってきました。そのため今週は毎日のように草刈りを行いました。また、9月初旬に植える予定の大根の圃場に肥料を散布したり、石拾いをしたりしました(写真は機械による肥料散布の様子)。堆肥は土の中にいる微生物に分解されることで作物の栄養となるので、作物を植える少し前に散布します。土作りは作物づくりにおいて重要な作業なので、育ちやすい環境にしてより良い作物が育ってくれたらと思います。
 
次回は三浦が担当します。

2019/08/05 15:00

最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ