ごまは太陽のおくりもの ほのぼの日記

 前の5件 1 | 2 次の5件

アスパラ栽培日記?

軽トラックで近くまで運びます。

スコップでバークを撒いています。

アスパラの茎がだいぶ太くなりました。

皆様、こんにちは。林業部の奥野です。

朝晩冷えるようになってきましたね。
時がたつのは早いもので、新入社員はこちらでの研修が終わり、各配属先に配属されました。
少し寂しい気もしますが、それぞれの職場で頑張ってほしいと思います。

さて、今回も引き続きアスパラ栽培日記をご覧下さい。
今はアスパラ畑にバークを撒いています。バークとは、樹木の皮の部分(バーク)を発酵させて作った土壌改良材ですが、バークを撒く一番の理由は雑草の成長を抑えることです。
バークを撒くことで、たとえ雑草が生えても、早いうちならば、バークの上であるので除草をしやすくなるんです。
写真のように軽トラックで畑の近くまで運んだバークをスコップで丁寧に畝に撒いていきます。

ところで、肝心のアスパラガスの近況についてですが、アスパラの茎が最初に比べ大分太くなりました。
なんか子供から大人になったみたいです。

アスパラは冬に一度枯れるみたいなので、もうすぐ茎や葉が枯れてきます。
これからはアスパラの成長が見難いですが、観察をこれからもしっかりしていこうと思います。
皆様も引き続き、応援よろしくお願いいたします。

2009/10/27 10:00

サークル紹介 〜ダイビング編〜

ボートに乗ってポイントまで移動です。

大きく、赤い魚がアザハタです。

両手に白いボンボンを持っています。

今回は当社のサークル活動についての紹介です。

第一弾としてフットサルチームのご紹介をいたしましたが、第二弾は「スキューバダイビングサークル」です。サークルといってもメンバーは部長と副部長の2名・・・。ひっそりと活動中です。

 10月上旬に本州最南端の和歌山県串本町に潜ってまいりました。串本は沖縄にも引けをとらない魚影の濃さと珊瑚、伊豆の海で見られるマクロ生物達とも出会えるダイバーにとっては有数のダイビングスポットです。「10月にダイビングなんて寒そう・・・」なんて思うかもしれませんが、海水温度は気温よりも2ヶ月遅れて変化するため9月〜10月が最も海水温度が高く、しかも透明度も高くなるのでまさにベストシーズンなのです。

 当日は波も穏やかで快晴の気持ちがいい気候でした。さっそくウェットスーツに着替え、ボートでポイントへ出発(写真1)♪10分ほど行ったところで停泊し、ガイドの方に続いていよいよ潜水。透き通るような海で魚達と戯れ、まるで天国・・・といいたいところですが、数日前に通り過ぎた大型の台風の影響で透明度はかなり悪かったです。ちょっとがっかり・・・。それでもさすが串本。キンメモドキの群れや珊瑚、鮮やかな小魚達など沢山の生物に出会うことが出来ました。

少しですが、撮影した生物を紹介しましょう。

いきなり登場したのはアザハタという魚です(写真2)。この魚は大きなお皿状の珊瑚の下に住んでおります。同じところに他にも何種類か「ハタ科」の魚が住み着いておりますが、このアザハタが最も強く、まさに縄張りのドンと言ったところでしょうか。さすがに勇ましく迫力がありました。

写真3はキンチャクガニです。ハサミにチアガールのボンボンみたいなモノを持っているのが分かりますでしょうか?実はこれ、イソギンチャクなんです。敵が近寄って来たときにこのぼんぼんを振り回し撃退します。特にタコに襲われそうになったときには効果てき面だとか・・・。ちなみに英語では振り回す姿がボクサーに似ていることからボクサークラブと言うのだとか。面白い奴です。

最後に記念写真をパシャリ(写真4)。海のコンディションは決してベストではなかったですがやっぱりダイビングは最高でした。
 
くたくたに疲れましたが、気持ちをリフレッシュすることができました。
皆様も是非、三重・和歌山の海に潜ってみてはいかがですか?

2009/10/24 09:00

かもしかハーフマラソンに参加してきました。

少しずつ木々の葉が色づき始め、朝晩は肌寒い季節になりました。秋・・・ですね。

秋と言えばスポーツ!!先日三重県菰野町にて“かもしかハーフマラソン”が開催されました(写真1)。地元の活性化に少しでも貢献できればと当社も協賛させて頂いており、また社内で希望者を募り“チーム九鬼”として大会に参加してきました。

かもしかハーフマラソンは今年で4回目。距離はハーフマラソン、10kmコース、5kmコースなどがあります。年々参加人数が増加しており、今年は6000人以上がエントリーしておりました。

当日は天候にも恵まれ、気持ちがよいまさに“秋晴れ”。スタート前に全員で記念撮影をパシャリ(写真2)。そしてそれぞれの目標タイムを胸にいよいよスタート!!(写真3)

 コースは菰野庁舎をスタート地点として御在所岳に向かって緩やかな上り坂を走っていきます。途中には綺麗なコスモス畑や御在所岳の壮大な景色も見られ思わず苦しさを忘れてしまいました。

後半は暑さとしんどさと闘いながら普段あまり使わない筋肉に鞭打ってゴール!苦しかったですが走り終わった後は心地よい疲労感と達成感がありました。

皆様はスポーツされてますか?

2009/10/23 18:00

只今、会社案内のDVDを作成中です!

ごま油の撮影

撮影中

監督チェックはいります。

見守っています。

多くの方に『九鬼産業株式会社』を知っていただくため、
製作隊と綿密な打ち合わせを行い、
ついに撮影の日を迎えました!

撮影は3日間に渡り行なわれ、
スケジュールとしては。。。

【1日目】
・紀州林業場

【2日目】
・本社工場
・九鬼記念館
・竹成工場

【3日目】
・本社工場
・社員食堂
・イノベーションセンター
・製品撮影


でした!

私は、3日目のイノベーションセンター撮影と製品撮影の現場におじゃましましたが、

本格的です!!

撮影監督の指示で、カメラさんが色々なアングルから撮影をしたり、ライトの位置を微調整したりと。

ワンカットを撮影するだけでも、時間をかけて納得がいくまで撮影をしていただきました!


本当にありがとうございます。


これからの流れとしては、

編集作業を経て第一回目の試写会を行い、修正編集を行い、再度試写会を行ないます。最後の修正を行ったら。。。

『九鬼産業株式会社』のDVDが完成します!!!


本当に待ち遠しいです!

今後も、会社DVDの裏側を紹介しようと思います!

お楽しみにっ!

2009/10/23 17:15

金胡麻普及委員会〜脱穀編〜

種。見えますか?!

脱穀中!

金ごまたちです。

おにぎりにして食べました♪

収穫後乾燥させていた胡麻はすっかりカラカラに干からびて、朔果が開いて中の“種”が丸見えです(写真1)。
まさに「開けごま!!」状態です。
この状態になれば逆さにするだけで種がぱらぱらと簡単に出てきます。
この作業を脱穀といいます(写真2)。出てきた種は綺麗な金色。

この種を、胡麻と異物とを選別した後、水で軽く洗って、熱したフライパンで数分間加熱し、パチパチと胡麻がはぜる音と甘い香りが漂ってきたらいい頃合。立派な「金いりごま」の完成です(写真3)。

この煎り胡麻をシンプルに『おにぎり』にして食べてみました!(写真4)
炊き立てのご飯を丸く握り、干しエビを手で細かくもみ、ごはんに万遍なくふりかけ、大切に育てた金ごまをその上にぱらぱらとふりかけました。

干しエビの香ばしさが口の中に広がり、続いて金ごま特有の香ばしさが口の中をかけめぐり、ステキなハーモニーを奏でていました。

思い起こせば、虫の被害や台風などさまざまな危機を乗り越えて強く育った金ごまたち。
おいしく、おいしくいただきました。

金胡麻普及委員会ではこれまで、胡麻の種まきから脱穀までご紹介してきました。その中でどのように胡麻が育ち、どのようにして採れるのか少しでも胡麻について皆様に知って頂けたら幸いでございます。


そして、来年もますます沢山の方々に金胡麻の栽培を体験していただき、より胡麻を身近に感じていただけますよう心から願っております。

来年も金胡麻普及委員会の活動を紹介いたします。金胡麻の種をご希望の方は下記の連絡先までどしどしご応募下さい。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
九鬼産業株式会社
〒510-0059
三重県四日市市尾上町11番地
イノベーションセンター 国産胡麻普及委員会 宛

2009/10/22 09:00

最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ

 前の5件 1 | 2 次の5件