ごまは太陽のおくりもの ほのぼの日記

 前の5件 1 | 2 | 3 | 4 | 5 次の5件

山の神神事

ごま油の九鬼産業です。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

九鬼産業では毎年この季節、今年の自然の恵み、大きな事故や災害がなく仕事ができたことに感謝をし、来年も事故や怪我なく仕事ができるように願って、山の神の神事を行っています。
今年も、紀州林業場内の山の神様を祀っている祠に宮司さんをお招きし、祝詞を奏上しました。

近年、台風、大雨などの異常気象の影響で、国産ごまの不作が続いています。
錦で栽培している金ごまの収穫量も少なくなりました。
来年こそ豊作となるよう、山の神様にお祈りしつつ、謙虚に、安全第一で仕事に取り組んでいきます。

2015/12/01 14:00

金ゴマの発芽試験

光を浴びて育った金ごま       小さな双葉に癒されます。
今年の自社農園でのごま栽培に向けた発芽試験を行いました!
種となる金ごまからしっかりと双葉が現れました。
机に置いてあるのですが、シャーレのフタを持ち上げるほどイキイキしていて、なんだか癒されます。
 
今年も元気な国産ごまが育つよう、社員一同丹精込めて、愛情をいっぱい注いでいきたいと思います!

2014/03/31 10:00

新入社員の西脇と申します。

まだまだ成長途中の胡麻です。

なかなか進みません。

総動員で除草作業をおこないました。

皆さんこんにちは!!

2010年度新入社員の西脇と申します。特技はサッカーで、好きな食べ物はからあげです。
先週から始まりました新入社員による胡麻栽培日記ですが、第2回目の今回は私、西脇が担当させていただきます。

先週は大紀町錦での金胡麻栽培の除草作業の様子を紹介させていただきましたが、今回は四日市市貝家地区での黒胡麻栽培の除草作業の様子を紹介させていただきます。

今週は林業部だけでなく、本社工場、竹成工場の先輩方や、社会福祉法人アクティブ鈴鹿の皆さんにも除草作業を手伝って頂きました。

四日市の畑は錦の畑と違い、畑の表面に雑草の繁茂を防ぐためのマルチという黒いプラスチックフィルムを使用していません。そのため草の量が多くてとても大変でしたが、除草しきることが出来ました。

社会福祉法人アクティブ鈴鹿の皆さんありがとうございました。除草作業は今後も続きますが胡麻に元気に育ってもらうために新入社員一同、これからも全力で頑張ります!!

胡麻の生育状況ですが大きいものでも10〜15センチ程度で錦の胡麻に比べて成長が遅れていました。胡麻はほかの作物に比べて手がかからないといわれていますが、定期的に雑草の除草をしないと胡麻が雑草に負けてしまいます。そのため、現在行っている除草作業を一刻も早く終わらせることがとても重要になってきます。

私の目標は〔去年より多くの胡麻を収穫する!!〕です。
目標達成のため一生懸命頑張っていきます!

それでは来週もお楽しみに!!

※アクティブ鈴鹿さんは、何らかの障害を持たれている方が社会的・経済的に自立できるように支援している組織で、当社も業務を請け負っていただく形で協力させていただいております。

2010/07/12 17:00

胡麻栽培始めました!

胡麻栽培中!in竹成工場

わさわさしてます☆

間引き後♪inイノベーションセンター

みなさまこんにちは!
国産胡麻普及委員会です!
梅雨はじめじめしてあまりいい季節ではないですが、胡麻にとっては種まきの季節です。

今年も遅ればせながら…

金ごまを蒔きました!!
一週間程度で、わっさわっさ芽がでましたので、間引きをしました!!

わっさわっさでた芽はなんだか…抜いちゃうのもったいない気がします。
でも、元気なごまを育てるには大切な作業です!

今年も三重県の畑で金ごまと黒ごまの栽培を行っております。
その他、変わったごまの種子を少し頂きましたので、本社工場・竹成工場・総務部・イノベーションセンターの4箇所に播種しました。

変わったごまの種子はプランターに蒔いきましたが、『変わった』とはどういうことでしょう!?

花の色なのか…形なのか…何なのか…
今から楽しみです♪

今年もごまの栽培状況をこちらのほのぼの日記にてご報告させていただきます。
チェックして下さい!!

ブログをご覧の方で、ご家庭で胡麻栽培をしてみたいという方は、メールかお電話いただければ種をお送りさせていただきますのでお気軽にお問い合わせくださいね♪

2010/07/10 16:00

金胡麻栽培日記〜脱穀・精選編〜

精選前の金胡麻です!!

とうみの写真。ハンドルを回すと風がおきます。

精選の様子

選別したゴミです。

金胡麻栽培日記〜脱穀・精選編〜

9月に収穫いたしました大紀町の金胡麻(9月8日のブログを参照)はその後どうなったのでしょうか・・・。

あの後、1ヶ月ほどかけてカラカラに乾燥させました。

乾燥するとごまの鞘が開き中の“ごま”を簡単に取り出すことができます。この作業を「脱穀」といいます。
写真1は脱穀時の金胡麻。ごまに混ざって乾燥した植物の破片や埃などが入っているのがわかりますでしょうか。

これらの“ゴミ”を取り除く作業が「精選」です。

精選は“とうみ”を使って行ないます(写真2)。皆さんは“とうみ”をしっていますか?米の籾殻を取り除くために昔から使われてきた道具です。

とうみのハンドルをぐるぐると回すと中の羽が回転して風が起きます。
そこに脱穀した胡麻を通すと軽いゴミが飛ばされてゴミを分けることができます。

実に原始的な方法ですが、これが結構優れもの!!かなりのゴミを除くことができるんです。
ゴミを分けた状態が、写真3です。写真右側がごま、左側がゴミです。この分けられたゴミ(写真4)を見ると、植物の破片や埃など、実にたくさんのものが分けられたことがわかります。

この後は更に大きさの異なるゴミを除く機械に通して「精選」工程は終了です。

「精選」が終わるといよいよ焙煎され「煎りごま」になります。

その様子も今後ご紹介していきますので次回ブログをお楽しみに!

2009/12/24 09:00

最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ

 前の5件 1 | 2 | 3 | 4 | 5 次の5件